サーファーのための一戸建て住宅

注文住宅なら理想に近い家を建てられる

サーフィンなど、特定の趣味を持っている人が一戸建てを買うなら、建売住宅よりも注文住宅がおすすめです。建売住宅はすでに完成した家を買うしかありませんが、注文住宅なら依頼主の希望に応じて自由に設計できるからです。趣味のための設備が充実した家を実現できます。自分が望む土地に望み通りの家を建てられるので、まさに理想的な住宅といえます。家の設計についてよくわからなくても、住宅メーカーの担当者が適切にアドバイスをしてくれるので安心です。とはいえ、理想を実現するには多額の予算が必要になります。住宅の設備などで「どうしても実現したい要素」を明確にしておくとよいでしょう。これで優先順位が決まり、家の設計をスムーズに行えます。

サーファーならこんなところにこだわりたい

サーフィンを趣味にしている人が注文住宅を建てるなら、まずは海のそばに土地を確保するとよいでしょう。よく出かける海のそばの土地情報をこまめにチェックすれば、相場の推移がわかります。そして、住宅の設計は収納を重視しましょう。サーフボードなどの道具類を取り出しやすくするため、家の1階に広めの収納があると快適です。また、海から戻ったときに道具類を洗えるように、水道も確保すると理想的といえます。海のそばは潮風が吹いているため、家の外装に腐食しにくい素材(塗料)を使うと長期的なリフォーム必要を抑えられます。設計の詳細を自分で指示できなくても、「海のそばに建てる」「サーフィンを意識した設備が欲しい」とメーカー担当者に伝えられれば問題ありません。

建売住宅とは、土地と建物を一緒に販売する新築分譲住宅のことをいいます。売主が建物プランを決めて建築し完成してから販売する場合とプランは決まっているが建築中の段階で販売する場合もあります。

© Copyright Having House. All Rights Reserved.